NEXUS5バッテリーマウント作成

f:id:ryota_yokoiwa:20160723122451j:plain

 まったくもってダサいのですが、NEXUS5のバッテリーマウントのようなものを作りました。
 僕はSIMフリーのNEXUS5を使っていて、古い所為もありバッテリーの持ちが良くない。バッテリーを交換しようかとも思ったのだけど、その程度の改善ではきっと旅行やなんかへ行った時にどっちにしてもモバイルバッテリーを使うことになります。
 そして、モバイルバッテリーは手に余る。

f:id:ryota_yokoiwa:20160723122453j:plain

 きっとこんな感じでスマートフォンとバッテリーをケーブルで繋いで、充電できるのはいいけれど扱いに困っている人はたくさんいると思います。
 無論、それを解決する為のグッズとしてバッテリー内蔵のスマートフォンケースなども出ていて、いくつかの機種に応じたものが販売されています。NEXUS5の為に作られたバッテリー内蔵ケースも売っているのですが、既に時代遅れの機種になったせいか、もうアマゾンでさっと良さそうなものが買えるというわけでもなかった。
 なので、薄いモバイルバッテリーを買って、それを保持する器具だけを3Dプリンタで作ることにしました。

  購入したのは、この薄型モバイルバッテリー。アマゾンで999円。2500mAhなので、内蔵バッテリーが2300mAhのNEXUS5を一回フルチャージできます。これを2つ。便利なことにmicroUSB端子は本体に付いています。 

f:id:ryota_yokoiwa:20160723122455j:plain

 このバッテリーがNEXUS5の背面に固定されるような器具の3DデータをFusion360で作ります。

f:id:ryota_yokoiwa:20160723122458p:plain

 そのデータをFabLab世田谷のFDM方式3Dプリンタ、AFINIA H480で出力。

f:id:ryota_yokoiwa:20160723122456j:plain

 このようにバッテリーを中へ収め、

f:id:ryota_yokoiwa:20160723122457j:plain

 あとはスライドさせてNEXUS5に取り付けます。

f:id:ryota_yokoiwa:20160723122451j:plain

 これでバッテリーとスマートフォンが一体化して扱うのが楽になります。ポケットにも無事に収まります。予備のバッテリーもあるので、かなりの酷使にも耐えうるはずです。
 格好は悪いですが。

広告を非表示にする