トレンチコート。

 今日はものすごい雪だった。
 雪が降り積もるとなぜか暖かくなったような気がする。

 最近ブログを更新できないのは、考えてみたら単に忙しいとか、気分が乗らない、という理由によるものではないような気がしてきた。

 僕は最近「なにもかもが分からない」という気分に陥っていて、何も分からない人には何も書けやしないのは当たり前のことだ。基本的には考えるというのが一体どういうことなのか、最近ではますます分からなくなってきて、僕は物事の考え方を自分自身が知らないという愕然たる事実に呆然とする他ない。もしくはケーキを食べてみたり。

 考えるって一体どういうことなんだろう?
 僕は考えているときに自分の頭の中で何が起こっているのかをあまり良く把握していない。難問を目の前にして「うーん」と唸っているとき、たいていは考えている振りをしているだけで本当に頭がドライブしていることはあまりない。

 そう思うと今までどうやって生きてきたのだろうかと怪訝に思う。何も考えてなんかいなかったのかもしれない。それとも、考えるということ自体にそんなに意識を向けなければ、意外と物事はうまく考えられるのかもしれない。ちょうど、どこかの国の御伽噺に出てくるムカデのように。
 ムカデはそれまで普通に歩いていたのに、あるとき「君はそんなに沢山の足を一体どういうふうに動かして歩いているのだい?」と質問されて、それから考え込んでうまく歩けなくなってしまった。

 高橋源一郎さんは「考えるということは”どもる”ことに似ている。○○だから××だ。ということではない」とおっしゃっているけれど、僕もそれには同意する。
 本当に考えているときは足が絡まって歩けないのだ。

 それから、僕たちの思考は言葉で表現されるけれど、言葉は思考を表現しきれないという限界がある。

 「思考」⊃「言葉」

 でもないか。包含関係じゃないですね。多分、言葉と思考は何かの写像関係にあって、しかも一対一には対応していないという自由さと不自由さ。

 という時期ですが、Mちゃんからミニコミ誌に文章の依頼を貰いました。
 ありがとう、がんばるよ。
 マルクスも言っているように、人の思考は社会的なポジション、そこで何を成すのかによって影響される。文章を書いてください、と言われると、僕は物書きの思考に変化することができるのだと思う。

 タイムマシーンに乗ってフリッパーズ・ギターのライブに行きたい。


THE LOST PICTURES,ORIGINAL CLIPS&CM’S plus TESTAMENT TFG Television Service

ポリスター

このアイテムの詳細を見る
広告を非表示にする