どうやら命令の意味が理解できない様子です。

 昨日、パソコンを起ち上げたらヤフーのニュースに「水でうがいをするのは4割り風邪の発生を抑える効果があるけれど、ヨード液には有意な効果はみられない」という記事があって吃驚した。つまり、水でうがいをするのは効果的だけど、イソジンなんかでうがいすると効果なし、なわけです。くどいようですが、イソジンを入れても意味が無いのではなく、イソジンを入れるとうがいの効果がなくなってしまうから尚悪いということです。

 常識って、まだまだ嘘だらけだなと思う。

 昔、このブログにもバンドエイドの話を書いたけれど、傷口の液をガーゼで吸い取ったりするのは本当はやってはいけないことなのに、僕たちは長年傷口を乾かすことに力を入れてきた。キズドライなんて商品まで売っていたくらいのものだ。
 今はやっとバンドエイドパワーパッドが発売されて、傷を乾かさないことの効果が認知されてきている。

 今度はうがい。
 それから、ついこの間「活性酸素が老化を促進する」というのは多分大嘘だということがマウスの実験で分かった。そうすると大流行りを通過して日常に定着しているポリフェノールの健康効果なんて随分怪しいものだと言わざるを得ない。

 かつて凄まじい栄華を誇ったローマ帝国が潰れてしまった一因に「彼らが鉛の器を用いていたこと。ひいては鉛中毒」を挙げる学者がいる。鉛の器をずっと使っていれば鉛の害を被るのは必然的だ。でも、みんなが普通に使っている器が体に悪いなんて、僕たちはなかなか疑うことをしない。もちろん、当時の科学水準というものだってあるけれど。
 環境ホルモンも、携帯電話の電波も、アスベストも、なんだってそうだ。

 部屋にフライヤーを4枚も張っていて、昔Kさんが日記で絶賛していたような気がする映画「ライフアクアティック」を期待満々でAちゃんと見たけれど、なんだか良く分からない映画だった。主人公はおかしくてカッコイイけれど。あと出てくるものがいちいちポップで間抜けで感じはとても良かった。
広告を非表示にする