professional toothbrush.

 右上の親知らずが生えてきた関係でこの間から歯医者に掛っているのですが、今日はトータルに歯の健康に関するカウンセリングみたいなものを受けて、色々と驚くことがありました。
 結論を先に書くと、人間の歯というのはそんなにうまくできたものではないので、一生定期的なクリーニングに通う方がいい、ということです。

 近頃さんざんテレビのコマーシャルで流れているように、歯周ポケットの中の汚れというのは歯磨きではきれいにすることができない。そのプラークで繁殖した細菌が出す化学物質で歯茎は炎症を起こし、その下にある顎の骨が融ける。なんとも恐ろしいことに、この顎の骨の溶解は痛みを伴わずに起こる。一度融けた骨はもう元に戻らないので、歯茎が軽くはれてるとか、歯磨きで血が出るとか、軽い軽い初期症状があればその段階で治療を開始したほうがいい。
 人が歯を失う原因を僕達は「虫歯」だと思い勝ちだけど、実はそうではなくてこうして歯を支える骨が融けてしまうことが主たる原因です。

 これもコマーシャルで流れているけれど、歯周病菌が血液に入って全身に広がりありとあらゆる病気(もう本当にあらゆる。糖尿病も心筋梗塞も)を引き起こすことが近年知られてきたらしいです。たとえば、妊娠中胎児になんとか(忘れてしまったけれど、流産のような悪いこと)を引き起こす原因の第1位が喫煙で、第2位が歯周病菌だそうです。それだとか、人が老衰で死ぬときは肺炎を起こして亡くなることが多いですが、なんとその肺炎の原因は空気中の菌を吸い込んだとか飛沫感染だとかではなくてほとんど歯周病菌だということです。

 ずっと話を聞いていると、まるで歯周病菌が諸悪の根源であるというカルトか何かにも思えなくないけれど、歯科学という一つの立場に立って深く物事を見ていくとこういうことになるんだろうなと納得しました。

 というわけで、親知らずを抜いてもらって、発見された小さな虫歯を治してもらった後も定期的に歯医者さんに行こうと思います。幸いなことにとても快適な歯医者さんなので、3ヶ月に一回行くくらいなんてことない。



27, Mar. 2008 (Thu)
CREST group meeting @ Kyoto Institute of Technology
This meeting and the people really made me jim-jam about study.
After that, I went back to my apartment and A gave me a very nice chocolate.

28, Mar. 2008 (Fri)
Gonna my dentist in the morning.
Then I've been in my office.
広告を非表示にする