JAXA;red.

 以前から心のどこかでは欲しかったものが、急に爆発的に欲しくなる瞬間があって、僕は昨日からBMXが欲しくて欲しくて仕方なくなり、普段自分が乗っている自転車が急に味気なくなってしまいました。ストリート用かあるいはフラットランド用のを中古で探してみようと思います。スケートボードは路面を選ぶけれど、BMXはほとんどどこででも遊べるし、それにそのまま強力な移動手段になるのでとても魅力的だと思う。
 僕は子供の頃BMXを持っていたことがあって、あのときはそれでも大きな自転車に感じたけれど、今乗るとどんな気分がするんだろう。

 それから、昨日ビレッジバンガードで子供用のおもちゃ電子ピアノを買いました。なぜかというとサーキットベンディングをはじめたからです。サーキットベンディングというのは(狭義では)音の出る電子機器を改造して変な音の出る楽器にすることです。面白いのができれば動画で紹介しますね。

 昨日Tくんが三重から京都に来ていたので、みんなで中華料理を食べに行くとMちゃんとI君が、友ヶ島の帰りに加太の海岸でバーベキューをしたとき僕達が見上げて首をひねっていたものがなんだったのか教えてくれた。

 夕方の海岸でバーベキューを始めて、食べ終わる頃には周囲は真っ暗になっていて、星を見て星座の話なんてしているとMちゃんが「あの赤いの何?」というので、僕達は全員そっちの空を見上げた。それは不思議な光景だった。空の一部分が赤く霧や靄のようになって光っていたのだ。靄のようではあっても、その存在自体ははっきりしていて目の錯覚なんかではなかった。「地上からの光が雲で反射しているのではないか?」とか様々な推測をしてみるものの、これといって納得の行く意見は出なくて、そのうち赤い色も消えてしまったので僕らはすっかりそのことを忘れて京都へ戻った。

 それはJAXAの行ったロケットからリチウムを放出する実験だった、と昨日二人は教えてくれた。
 以下、さっき調べて見つけた記事です。
_________________________
JAXA:ロケットからリチウム放出、初成功 鹿児島

桜島の上空に浮かんだ赤い光=鹿児島市の磯海水浴場で2日午後7時26分、松谷譲二撮影 宇宙航空研究開発機構JAXA)は2日、鹿児島県肝付町内之浦宇宙空間観測所から、高度100〜300キロの「大気の風」を観測する小型1段ロケット・S520−23号機を打ち上げた。ロケットから放出した高温のリチウムが太陽光を受けて光る様子を調べる国内初の実験に成功した。リチウム蒸気は高度を変えて計3回放出され、地上からも雲のような赤く淡い光が確認された。

 この高度帯は地球の大気と宇宙との境付近で、今回の実験は風を起こすエネルギーとされる電子やイオンの粒子間衝突などの理論的研究を検証する狙い。同機はイオンの運動速度などを測定する10種類の計測機器を搭載した。【新開良一】

毎日新聞 2007年9月2日 22時04分 (最終更新時間 9月2日 22時09分)
___________________________________

 僕達はまさに9月2日のこれくらいの時間にそれを見たし、他にも岡山や宮崎、いくつかの地域で観測されているのできっとこれのことだったのだろうと思う。
 そうか、実験だったのか。
広告を非表示にする