スマイル。


 世界というのは結局のところ、大地と水と空気でできている。
 僕らはそれを耕し、食らい、飲み、呼吸するのだ。

 だから彼女に夢も目標もやりたいこともなく、単に「わたし、
別になんにもしたいことないし、別に普通に生きていけたらいい」
というだけであっても、それは至ってまっとうなことだ。

 僕らはこの地球に住む生物の一員として、御飯が食べれて、
眠るところがあって、良き伴侶があって、子孫が残せれば、
はっきりいってそれで十分なのだ。
 十分。完璧でパーフェクト。

 「それでは十分ではなくて、大きな夢や希望を抱かなくては
 ならないのです。特に子供たちよ。ボーイズビーアンビシャス。
 有名になってみんなに憧れられる人になりなさい。社長になって
 世界シェアを独占しなさい。あー、先生は悲しい、田島くん、
 もっと大きなことを書きなさい、もっと、サラリーマンって何。
 大きくなったら本当にサラリーマンになりたいの。もっと、夢は?
 本当にしたいことは? 宇宙飛行士とか野球選手とか」

 「それじゃ、僕は地球防衛軍になりたいです」

 「田島くん、ふざけちゃだめでしょ、これは真面目な話ですよ。
 ちゃんとした将来の夢を言いなさい。夢を」

 「だから僕は地球防衛軍になって世界中の人々が平和で愛に
 満ちた暮らしを送れるようにしたいです」

 「そんな地球防衛軍なんてないでしょ、高校生にもなって何を
 言うんですか」

 「だから僕が作るんですけれど」

 「作るも何も、大体地球防衛軍って何ですか? そんなの要るんで
 すか? 世界を平和にしたいなら政治家にでもなって良い意見を
 いっぱい言って平和にしたらいいじゃないの」

#########################

 新しいクラスの仲間に自己紹介をしましょう!
 
 名前:     田島祐介
 性別:     男
 年齢:     16歳
 好きな食べ物: 烏賊
 嫌いな食べ物: 蛸
 尊敬する人:  弟
 宗教:     神道
 長所:     猫が好き
 短所:     ウナギの絵が下手
 得意科目:   美術(ウナギの絵は除く)
 苦手科目:   体育
 趣味:     ウナギの絵を描くこと
 特技:     洗濯とチョウチョの観察
 将来の夢:   うどん屋さん
広告を非表示にする