刺青とヘルメット

 僕にはずっと刺青を入れたいと思っていた時期があった。単純にそれがかっこいいなと思ったからだ。気に入った服を買ったりするのと同じように。
 結局は、何を入れても飽きるだろうし、一生物の模様は選ぶことができなかった。

 昔お世話になったKさんという人は、腕や上半身にものすごい刺青の入った人だった。半袖から覗く刺青の腕と長髪と髭とサングラス、さらに初めて会ったときは一言も言葉を交わさなかったので、2回目に会うとき僕は少し厄介だなと思っていた。
 予想に反して2回目からは僕たちはたくさん話をして結構仲良くなった。

 ある日、僕が「僕もタトゥー入れたいなと思うことがあるけれど、でも飽きそうだから、Kさんその入れ墨飽きないですか?」と聞くと、彼はこう答えた。

「飽きるかもしれないんだったら入れない方がいいんじゃないの。俺のこれは飽きるとか飽きないとかじゃなくて母親だから」

 少し話は変わるけれど、しばらく前に父親が会社の若い同僚と自転車のレースみたいなものに出場していた。一人が自転車用のヘルメットではなく、工事現場で使うようなヘルメットを持ってきたので、それを冗談だと思って父は彼をからかっていたらしい。
 あとで、彼がデジカメの写真をまとめて作ってくれたDVDには「父親の形見のヘルメットで参戦」とキャプションが入っていたということだ。

 世界には一見するだけでは分からない沢山の物語がある。

地雷を踏んだらサヨウナラ (講談社文庫)
リエーター情報なし
講談社


地雷を踏んだらサヨウナラ [DVD]
リエーター情報なし
アミューズ・ビデオ
広告を非表示にする