読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

革命家になろう!

 革命家になるには、ゲリラ戦術も手榴弾もいらない。もちろんゲバ棒も火炎瓶も。マルクスのことだって知らなくていい。
 ただ必要なのは考える力だけだ。

 簡単な掛け算から始めてみよう。2をどんどんと掛けていくだけの単純な計算。

 1x2=2
 2x2=4
 4x2=8
 8x2=16
 16x2=32
 32x2=64
 64x2=128
 128x2=256
 256x2=512
 512x2=1024
 1024x2=2048
 2048x2=4096
 4096x2=8192
 8192x2=16384
 16384x2=32768
 32768x2=65536
 65536x2=131072
 131072x2=262144
 262144x2=524288
 524288x2=1048576
 1048576x2=2097152
 2097152x2=4194304
 4194304x2=8388608
 8388608x2=16777216
 16777216x2=33554432
 33554432x2=67108864
 67108864x2=134217728
 134217728x2=268435456 

 わずか28ステップで2億7千万になりました。
 つまり最も単純かつ都合の良いモデルで考えたとき、毎日一人の人が身近な誰か一人を説得して革命家にすると一人で革命を始めた場合でも28日、一月足らずで日本の全国民に革命家の思想を届けることができます。これはベストな場合だから、毎日は無理だとか、身近にいる人が限られるとか、革命思想が気に食わないとか、そういう実際的な問題をヘビーに考慮して、1年間で日本国民の半数というのはどうでしょうか。
 ここでいう革命思想というのは「理不尽なことやおかしなことにはノー」と言う、というそれだけのことです。「嫌だけど周りの人が従っているから」している
ことをちょっとやめてみるのはどうかというそれだけのことです。毎日1人の賛同者を増やすことで、1年後確実にもっと素敵な国ができると思う。武器を使わずに。

 それに、実際のところ全国民、あるいは国民の半数が革命家にならなくても10人くらいが集まるだけでも同じ職場の中なら随分な影響力を持つことができるし、30人くらいでも教室で、100人くらいでも学年で影響力を持つことができる。ある日突然100人の生徒が「明日から制服着ません」と言い出して実行したら学校はどうするだろう。そういうことが日本のあちこちで起こったら、「スーツ着ません」「サービス残業しません」「風邪だから休みます」「旅行に行きたいので有給取ります」「この書類無駄だと思うのでこれから作りません」「このやり方はお客を騙していると思うのでやめます」って社員の半分が言い出したら、きっと面白いことになると思うのです。

 世界は僕達みんなのものです。この世界で生きているのは僕達で、僕達はこの世界を構成しています。だから国会議員にならなくても、武器を持たなくても、僕達が変わることで簡単に国なんて変えられる。国っていうのは僕達のことで、二つの言葉はイコールだから。とりあえず訳の分からない嫌なことをやめるために、今日から革命家になろう!