CERN.

 すでにCERNのLHCのことは書いたけれど、先日インドで16歳の女の子がCERNの実験で地球が滅亡することを恐れて自殺したというニュースを読みました。本当になんてことだと思う。

 世界中から優秀な物理学者の集結しているCERNがやると言っているのだから今回の実験は安全です。物理学の知識は皆無だけど怖い話は好き、という人々で変な風に話が盛り上がっているだけなので何の心配もいりません。もちろん実験は未知の世界へ踏み込むものだし、100%安全かというとそうではないと思います。でもどれくらい危ないかというと、バーテンダーが新しいカクテルを考案しようとあれこれリキュールを混ぜていたら未知の化学反応が起こって爆発で店が吹き飛んでしまうかもしれない、という程度のことです。それが心配だというならもう飲みに行くのを控えるしかありませんが。

 以下、CERNのサイトから引用です。
 下につけた日本語訳の訳責は僕にあります。

CERN reiterates safety of LHC on eve of first beam

Geneva, 5 September 2008. A report published today in the peer reviewed Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics provides comprehensive evidence that safety fears about the Large Hadron Collider (LHC) are unfounded. The LHC is CERN's new flagship research facility. As the world’s highest energy particle accelerator, it is poised to provide new insights into the mysteries of our universe.

“The LHC will enable us to study in detail what nature is doing all around us,” said CERN Director General Robert Aymar. “The LHC is safe, and any suggestion that it might present a risk is pure fiction.”

Safety has been an integral part of the LHC project since its inception in 1994, and the project has been subject to numerous audits covering all aspects of safety and environmental impact. A comprehensive report by independent scientists addressing safety issues related to the production of new particles at the LHC was presented to CERN’s governing body, the CERN Council, in 2003. It concluded that the LHC is safe. This report was updated and its conclusions strengthened in a new report incorporating recent experimental and observational data that was presented to Council at its most recent meeting in June 2008. This new report confirms and strengthens the conclusion of the 2003 report that there is no basis for any concern about the safety of the LHC.The CERN Council is composed of representatives of the governments of the 20 European Member States of CERN.
The report was prepared by a group of scientists at CERN, the University of California, Santa Barbara, and the Institute for Nuclear Research of the Russian Academy of Sciences. The papers comprising the report have been accepted for publication in leading peer-reviewed scientific journals. The report was reviewed carefully by the Scientific Policy Committee (SPC), a body composed of 20 independent external scientists that advises the CERN Council on scientific matters. Five of these independent scientists, including one Nobel Laureate, examined in detail the 2008 report and endorsed the authors’ approach of basing their arguments on irrefutable observational evidence to conclude that new particles produced at the LHC will pose no danger. The full SPC agreed unanimously with their findings.

“The LHC safety review has shown that the LHC is perfectly safe,” said Jos Engelen, CERN’s Chief Scientific Officer, “it points out that Nature has already conducted the equivalent of about a hundred thousand LHC experimental programmes on Earth – and the planet still exists.”

 ”ビーム始動前夜;セルン、安全性を繰り返し強調する”

 2008年9月5日ジュネーブ
 ジャーナル・オブ・フィジックスGに本日、以下の内容が発表されました。それは核物理学、素粒子物理学の観点から見てLHCは全くもって安全だと言うものです。LHCはSERNの新しく最も重要な研究設備であり、世界最高出力の粒子加速器として、宇宙の謎を解明する新しい知見を与えんと意気揚々たるところです。

「LHCを使えば自然のもっと詳しい仕組みが分かるだろう」とCERNのRobert Aymarは言う。「LHCは安全だし、危ないというのは全くの出鱈目にすぎないよ」

 安全性は1994年にLHC計画が始まったときから最重要視されていて、計画は安全と環境に対する影響をあらゆる方向から検討するたくさんの監査の下にずっと置かれている。LHCで新しい素粒子を作る事の安全性を評価する独立した科学者グループが、2003年のSERN協議会で包括的レポートを出している。その結果はLHCは安全であるというものだった。このレポートは新しい実験観測結果を取り入れ更新され、最近2008年6月の会議で再び報告されたが、それは2003年のLHCは安全であるという結果をさらに強固なものにする内容だった。ちなみにCERN評議会は20のCERNに関わるヨーロッパ各国からの代表者で構成されている。

 そのレポートはCERN、カリフォルニア大学サンタバーバラ校、ロシア核物理学研究所の科学者達がまとめあげたもので、主要な査読審査付き科学雑誌に載った論文を元にしている。さらにレポートはCERNの科学サポートである外部の20人の科学者よりなるSPCによって細かくチェックされている。一人のノーベル賞受賞者を含むSPCメンバーの5人が2008年のレポートを詳細にわたり検討し、反論の余地がない観測結果に基づく結果としてLHCによる新粒子生成が安全であると認め、SPCの全員がそれに賛同している。

「CERN安全調査報告の結果はLHCが完全に安全ということを示している」というのはCERNのJos Engelenだ。「それから、自然はこのLHCでの実験に相当することを地球上ですでに10万回くらいやってるんだけど、でも我々のこの星はまだちゃんとあるよね」
広告を非表示にする