sticky.

 些細なことではあるかもしれない。でも、久しぶりに「えっ」と頭が一瞬停止するようなインパクトのある偶然が昨日ありました。ここ3,4日、全く何のきっかけもなく、僕は「べたべたするとか粘着って一体どうなってるんだろう?」と気にしていて、化学系の友達に質問のメールでも送ろうか、でも答えるのはきっと面倒に違いないし自分で調べたほうがいいかな、でも、今ちょっと他にすることもあるし、後回しでいいや、と思いながら暮らしていたのです。
 それが、昨日郵便受けに届いていた物理学会誌をパラパラめくると、なんとレオロジーの記事で「粘着とは」ということが詳細に書かれていました。僕はソフトマターの物理は全くの門外漢だけど、この記事のおかげで大体の疑問は解決しました。偶然というのはまれに起こるものだけど、今回は3,4日、ぼんやりと気にしていると答えが向こうの方からまさに飛び込んできたわけで、妙な気分で僕はその記事を読みました。

 ということを書こうと思ってネットを立ち上げたのですが、すると友人の日記にも、たまたま知り合った人に瞑想に興味があるという話しをしたら実はその人は瞑想のすごい人だった、ということが書かれていて、そういうことってなんかあるよなあと思う。

 こういう偶然も、別に統計をとって考えれば特別なことではないのかもしれない。たとえば、僕は別にこの数日粘性のこと以外何も気にしていなかったわけではないし、目にしたテクストの数もそこそこの量があって、さらに科学に関するテクストの割合が高いというバイアスもあるし。でも、それでも偶然が起こるとインパクトは大きい。うっかり超自然的な力を想像してしまうし、たぶんこれは最も深い意味合いでの信仰に似ていると思う。
広告を非表示にする