メアリー、カレーならばお手の物。

2006年3月12日(日)

 1時半からアルバイト先の生徒のお別れ会。
 僕たちは簡単にバンドで演奏をする予定だったので、朝10時に行って、簡単な飾り付けと練習をする。普段はギターしか触らないのに、ギターは既に二人もいたので僕は音源作りにしか使っていないシンセサイザーを担当してとてもへんてこになった。朝から雨が降っていて、シンセサイザージャンベ、DJソフトを載せたラップトップ、スピーカーなど、荷物が多いのに雨というのは酷だな、と思っていると、部屋を出る少し前に雨が上がった。

 お別れ会の後、一度部屋へ戻り、そのあとメトロの「わがままシャルル」へ行く。
 神戸に帰らなくてはならないKちゃんを駅まで送って、戻るとDJが野本かりあに代わっていた。歌手やモデルで人気が出たので、なんとなくDJもしてみる、といった感じだろうと思っていたら、そうではなくてすごくいいDJで驚く。「東京は夜の7時」のカーリーミックスを野本かりあ自身が歌い、僕はそれを見て90年の初頭に戻ったような気分になった。
 CちゃんとかりあさんのDJで軽く踊っていると、I君とHちゃんもやってきて、もちろん彼らはノリノリだった。


2006年3月13日(月)

 昼間にI君と鞍馬の山まで彫刻に使う為の木を探しに行く。
 夜はバイト。その後、裁縫をしていると朝の5時になっていた。


2006年3月14日(火)

 10時半に出町柳に集合して、Cちゃん、i君、M君、Sちゃんと天王寺の軍艦アパートへ向かう。
 1時半頃、軍艦アパートにてI君とHちゃんと合流。ただし、I君はアルバイトがあるので間もなく帰らねばならず、短い時間で彼らとは別れる。
 その後、僕ら5人は一心寺と天王寺動物園通天閣を見てから御飯を食べて帰る。
広告を非表示にする