ブドウ。

 今日はバイト先のみんなでブドウ狩りに行きました。
 ブドウ狩りには、僕はとても小さいときに一度行ったことがあって、ブドウを採ったり食べたりした記憶はほとんどないのですが、でも、その時にみんなで撮った写真がいわゆる心霊写真だったので、その写真のことはとても良く覚えています。

 そして、26歳になって再びブドウ狩りをしてみると、最初、それはとてもあっさりと終わるように見えました。
 僕たちはブドウ畑に入って、それから一分後にはブドウを一房ずつ切り取って、しばらくは「それで、これからどうするの? ブドウ食べるだけ?」と言いながらブドウを食べていて、すこしばかり先行きが不安な状況に陥っていた。
 でも頑張って次の房にチャレンジしたり、ブドウを冷やす氷を買ってきたり、ゲームで負けた人がブドウを食べたり、暑い暑いといいながら気がつくとブドウ畑に僕らが一番長居していて、それから随分な量のブドウを消費していた。

 そのあと、異常に広い公園で野球をして(なんと、僕のチームは負けてしまった)、それからやけに人気のソフトクリーム屋に寄って、お好み焼き屋に寄ってから帰った。
広告を非表示にする