読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都から東京、2月、バイク、引っ越し and all: day 1

2015年2月8日、天気予報は今季最強の寒波がやってくると言い、僕はバイクで京都を後にした。 半年前のこの小さなバイクの旅、あるいは引っ越しのことを忘れてしまわないうちに書いておきたいと思う。とは言っても大体は既に忘れていて、さらにTシャツ…

狭い世界の外側の無数の専門的な広さ

パクリ問題で盛り上がるネットを見ていて、僕はコーヒーマニアのことを批判していた自分のことを恥じた。 まず、僕が持っていたコーヒーマニアに対する批判がどういったものなのか説明しておくと、だいたいは「本当はもっと別のことをしたいのに、それをする…

戦場のボーイズライフ序章「坂城」部分

-------------------------------------------------- ■ 坂城(1) -------------------------------------------------- 坂城(1) 「90歳なのに自在にインターネットを駆使して老後を楽しむおじいちゃん」というのが、今のところのマスコミの捉え方だ…

キティちゃん目覚まし時計3D修理

fab

小学生のときから20年以上使っているという目覚まし時計の修理依頼がありました。 修理とはいっても、クォーツのメカ自体は正常に動いていて外装に欠損があるだけです。欠損箇所は2箇所で、オーソドックスな目覚まし時計の頭に付いている「ピピピピッ!」…

color me pop

飛行機が離陸するとき、いつも鳥肌が立つ。地面から足が離れてしまう恐怖からでも、閉所に閉じ込められた恐怖からでもなく、この巨大なテクノロジーの塊が纏っている人類の知力と労力に圧倒されるからだ。航空力学、ジェットエンジン、構造設計、素材、塗料…

虚構として肥大した情熱とやりたいことの消失

1999年。僕は20歳で、ロバート・ハリスの「ワイルドサイド歩け」という本を読んでいた。「ワイルドサイドを歩け」というのは、有名なルー・リードの曲のタイトルだ。この本は比較的短いエッセイが集められたもので、今読み返すとなんだか若くてフレッ…

短編小説: 社説『着用トイレの普及について』

社説『着用トイレの普及について』 国内最初の着用トイレ『TON101』が売り出されてから、早くも20年が経過した。国内メーカーで着用トイレを生産しているのはIOIO,IMAXの2社。各社半年毎のモデルチェンジを重ね、今ではその薄さも1ミリを…

東京ハイパーリアル:彼女はシミュラークル

東京の空気の匂いは独特かもしれないが、それは自動車の排気ガスの所為ではなく地下から微かに立ち昇って来る下水の臭いだ。大都市1300万人が地面の下に押し込む糞尿と汚水が、無機素材で覆われた街へ漏れ出している。人口密度が高いなら、当然それに伴…

愛宕山ケーブル跡雪中登山日記

パズーとシータが「バルス!」と言ったとき、小学生だった当時の僕は「なんてことするんだ!」と思った。今でもそう思う。科学少年だった僕は古代のハイテクで空に建造されたラピュタに対して畏怖の念を抱いていて、それは愛おしさに近かった。もちろん僕が…

「ベイマックス」の構成とテーマ;ハートより視点転換

「お涙頂戴やさしいって素敵だね物語」ではなく、「ギークの為のアクションSF」であるという評判を聞いたので、それならと「ベイマックス」を見てきました。 この映画については4点書きたいことがあります。 1,映画のテーマは何か。 2,ロボットと人間と…

『選挙に行かない男と、付き合ってはいけない5つの理由』という詭弁の見本

「スランプってやつなんでしょうかこういうの? 最近は全然上達しない感じで、練習してもしても」 「まあいわゆるスランプってやつかな。今まで身についたことを一度全部捨ててしまってやり直した方がいいかもしれないね」 「えっ、どういうことですか?」 …

テクノロジーが権力を奪う

今日は選挙の投票日だそうですね。 昔書きかけでボツにした小説の一部を公開しようと思います。 _____________________________ 2018年4月1日グリニッジ標準時正午、インターネットが完全にハックされ、どのURLに繋ご…

トウモロコシを踏み潰せ!;「インターステラー」は「風立ちぬ」

「インターステラー」が、良かった。 「2001年宇宙の旅」との比較とか、「物理学者が入ってて物理学的な描写が正確」とか、そんなのはどうでもいいと思う。ちなみに物理学的考証がどうだかしらないが、話は「使い古されたSF話法ゴッタ煮滅茶苦茶のご都合…

インフルエンザ予防接種のこと;『予防接種は「効く」のか?』の紹介

(追記、2014年12月8日) この本は都合悪いことは書いてない、と指摘を受けました。 書きなおすか削除を検討します。 インフルエンザの流行が、また例年通りにやってきて、予防接種の話もそこここで聞かれるようになりました。僕は子供のときからずっ…

オーリーという奇跡と裸足と時代

高校生のとき、どこから手に入れてきたのか友達がスケートボードのビデオを見せてくれた。まだ1990年代の半ばでインターネットはほとんど普及していなかったから、youtubeもAmazonもなかった。求める情報があれば本屋に行くか、それを知っていそうな人に…

武術が「健康体操」であるということ

前回、武術で武器の練習をするのは「邪魔者でもある武器と仲良くなる為、ひいては敵とも仲良くなり、宇宙とも仲良くなる」という話をしました。でも、そうするとこんな疑問が起こるかもしれません。 「じゃあ、別に武器ではなくても、なんでも扱いにくい道具…

一本の棒が教えてくれること。杖術と宇宙

15年ぶりに杖を触りました。それも思い立ってアマゾンで買ったのですが、たった一本の棒が面白くて仕方ないので毎日振り回していて、そうするうちに武術のことを色々書きたくなったのでこれを書いています。 念の為ですが、杖というのはいわゆるおじいさん…

西海岸旅行記2014夏(51):6月21日、仁川国際空港、関西国際空港、死んだ家について

飛行機は3列シートの真ん中だった。通路側は大柄な何人か良くわからないおじさんで、自分が大柄なのを分かっていて小さく座っている。いきなりヘッドホンとアイマスク。窓側は髪の長い韓国人の女の子で、本を読みながらいかにも韓国人っぽく舌打ちしてため…

西海岸旅行記2014夏(50):6月19日、ロサンゼルス国際空港、僕は帰るのが嫌いだ

左手に沈みゆく太陽。深まる夕暮れの中、湾岸道路を北上してロサンゼルスを目指した。音楽は掛けていないし、ラジオも点いていない。別に感慨に浸っていたわけではなく、iPhoneの音楽はチャイニーズ・シアターで全て消去していたし、ラジオも最初はいいと思…

西海岸旅行記2014夏(49):6月19日、ソーク研究所、陰影の鋭い突然の終幕

少し店を見て回ったあと、僕達は結局"SUSHI ROCK"という日本料理屋へ入った。ここは変な名前だからずっと前に通った時から気になってはいたとマックンが言う。店内は若干の高級感を出そうとした作りだったが、定食があったのでトンカツ定食を頼む。店はビル…

西海岸旅行記2014夏(48):6月19日、ラホヤ、輝く街と謎の洞窟

翌日は昼過ぎに起きて身支度した。今日はマックンも休みなので、2人でどこかへ行こうということになる。僕の観光に対する熱意のなさは彼も了解済みだ。 「カールスバッドはレゴランドが有名だけど、まあ行かないよね」 「そうだね、行かないね。どういうと…

西海岸旅行記2014夏(47):6月18日:カールスバッドの長く短い夜

ミッドウェイ博物館を出た後、どこか気分の良さそうなところでゆっくり書物でもできないかと思っていたが、海沿いは大抵だだっ広くて日光もきつい。なかなか良さそうな場所がないので、面倒になってカールスバッドまで戻った。お腹が空いていたのでクッキー…

西海岸旅行記2014夏(46):6月18日:サンディエゴ、空母ミッドウェイの乾いた午後

翌日、僕は昼前まで寝ていて、起きたらマックンは既に会社へ出掛けていた。部屋は3階で、バルコニーの向こうは適度に開けている。落ち着いた昼前のアパートメントの影と、樹々の囁き、それからプールの水音。 昨日の夜、マックンにいくらか観光スポットを教…

西海岸旅行記2014夏(45):6月17日:カールスバッド、巨大資本チェーンと地方と再会

パサデナを出てから、悪名高き世界最大のスーパーマーケット、ウォルマートへ寄った。 ウォルマートは一時期、出店地域の小さな店を壊滅させることでかなり批判されていた。出店計画を発表すると地域住民が反対運動を起こしたりする。僕は、こういう批判には…

西海岸旅行記2014夏(44):6月17日:カリフォルニア工科大学、残り物のピザを食べる

翌朝、寝不足の体にシャワーを浴びてホテルを出た。11時にはロサンゼルス国際空港にクミコを送り届けなくてはならない。駐車場のフォルクスワーゲンは無事だった。オッケー、これでこの若干危なっかしいホテルはクリアだ。今日もロサンゼルスの空はこれで…

西海岸旅行記2014夏(43):6月16日:ロサンゼルス、ウエストコースト・ジャパニーズ

ベニス・ビーチを一頻りウロウロしてから、車を1時間ほど走らせて小高い丘の上にある住宅地へ向かった。クミコが昔住んでいた家があるのでその前で記念撮影をする。 それから、夕食の約束があったのでレドンドビーチの駐車場に車を駐めた。レドンドビーチは…

西海岸旅行記2014夏(42):6月16日:ロサンゼルス、ベニス・ビーチ、スケートボードは魔法

ベニス・ビーチの近くで適当に車を駐めるつもりだったが、空いているスペースがなかったので、「まあこの際有料でもいいか」と、道路沿いに現れた駐車場へ車を乗り入れた。係の男がやってきて「20ドル」と吹っ掛けてきたのでやめる。 「じゃあ、10ドルで…

西海岸旅行記2014夏(41):6月16日:ロサンゼルス、マリーナ・デル・レイのドギーバッグ

シャトルの展示を出た後、サイエンスセンターの中をウロウロして常設展を見た。常設展は、日本のそこら辺にある科学館と規模も展示内容もそんなに変わらない。壊れている展示も結構ある。子供達が大勢はしゃぎまわっている。お腹が空いたので何か食べようと…

西海岸旅行記2014夏(40):6月16日:ロサンゼルス、スーパーフラットな幻想と細部のもたらす現実

使い込まれてカッコイイけれど、ややハリボテな本物のスペースシャトルを見て、改めてさっき見たエンデバー運搬の短いドキュメンタリーを思い出した。それから歴代のシャトル打ち上げ動画も。 皮肉なことに、よりドラマチックだったのは実物ではなくて動画の…

西海岸旅行記2014夏(39):6月16日:ロサンゼルス、スペースシャトル「エンデバー」

カリフォルニア・サイエンスセンターではポンペイ遺跡の特別展をやっていて、それがフィーチャーされていた。火山灰に埋もれて死んでしまった人達も、まさか2000年後にこんな遠くで自分たちが展示されるとは思っていなかっただろう。サイエンスセンター…

西海岸旅行記2014夏(38):6月16日:ロサンゼルス、ゲッコー・テック活躍する

午前1時を過ぎていたが、幸いな事にホテルの早い者勝ち駐車場は1つ空いていた。部屋に入って、シャワーを浴び、ついでにTシャツを洗濯する。ところが、この無人ホテルの簡素な部屋には洗濯紐を張れそうな突起が殆ど無い。のっぺりとした只の箱でクローゼッ…

西海岸旅行記2014夏(37):6月15日:ロサンゼルス、光と闇のサンタモニカビーチ

サンタモニカビーチに着いたのは、夜10時を回った頃だった。「こんな時間にビーチというのもな」と思っていたけれど、僕の予想に反して駐車場にはたくさんの車がとまっていて、遊園地のようになった桟橋は子供から大人まで大勢の人達で賑わっている。店の…

西海岸旅行記2014夏(36):6月15日:ロサンゼルス、不機嫌で無口のチャイニーズシアター

結局、僕達がホテルについても彼はまだで、しばらく待つことになった。とことん機嫌の悪い僕は、タカヤマ君が現れて挨拶してくれても、申し訳ないけれどあまり愛想のいい挨拶は返せない。おまけに彼とクミコは大学の同期なので、僕の知らない何とか君と何と…

西海岸旅行記2014夏(35):6月15日:ロサンゼルス、チーズケーキファクトリーを逃す

リトル・トーキョーの立体駐車場で、僕達は夕方以降の予定を立てた。今日は"StayOn Beverly"というここから車で20分程のホテルに泊まる。とにかくサンタモニカビーチまで行こう。ビーチへ向かう途中に、前述の"Best Buy"に寄って、ビーチからの帰りには、…

西海岸旅行記2014夏(34):6月15日:ロサンゼルス、人のいない大都市とその下の大地

リトル・トーキョーからイースト・セカンド・ストリートを北西へ。途中で交通局"CALTRANS DISTRICT SEVEN"の未来的でメカニカルな建築を眺めたり、ロサンゼルス・タイムズのビルを横目にして、強い日差しの中を僕達は歩いた。巨大なビ…

西海岸旅行記2014夏(33):6月15日:リトル・トーキョー、エリソン・ショージ・オニヅカ

1986年1月28日、過塩素酸アンモニウムとアルミニウムが生み出す莫大なエネルギーが轟音を立てた。補助ロケットの強大な推進力で空へまっすぐ登っていくのはスペースシャトル「チャレンジャー」だ。国の威信なんて得体の知れないものが掛かっていて、後にリチ…

西海岸旅行記2014夏(32):6月15日:リトル・トーキョー、ゲッコー・テック拒否される

翌朝、テレビを点けると"X games"をやっていてアメリカだなと思う。 ホテルは13時までにチェックアウトすれば良かったけれど、ランチの約束があったので12時半にチェックアウト。ポーチで駐車場係に車を取ってきてもらってチップを渡す。僕は1ドルしか…

西海岸旅行記2014夏(31):6月14日:ハリウッド、光の粒子と意外なコンプレックス

モールを出た後、パンダ・エクスプレスで中華をテイクアウトしてモーテルへ戻った。食べ終えてから飲み物が足りないことに気付いて、建物の出入口にあった自動販売機へ水を買いに行くことにした。1ドル札かクォーターしか使えないのに1ドル札は全くなかっ…

西海岸旅行記2014夏(30):6月13日:フレズノー、ショッピングモール、失速の大量消費社会

フレズノーが小さな街だと行っても、モーテルから車で10分以内に行けるモールは何個かあった。どれに行ったのか覚えていない。今ざっとグーグルマップで検索してみたけれど、思ったよりたくさんあるのと、写真もどれも似たり寄ったりなのでこれという確信…

西海岸旅行記2014夏(29):6月13日:フレズノー、旅行者モードの魅力について

フレズノーのベストウエスタンに着いたのは、多分夕方の5時とか6時とかそれくらいの時間だった。日が傾いた気だるい小さな街のモーテル。外のプールではまだ子供たちがはしゃいでいる。こんな早い時間に投宿するのは久しぶりのことだ。ヨセミテの炎天下で…

貴船と仮名遣い:01

もう7年も昔、2007年のブログに僕はこのようなことを書いています。 ( http://blog.goo.ne.jp/sombrero-records/e/18350d30b1e0ad5f5a56276a2e3fd29b ) 《 そういえばこのところ豆塚の話を書いていませんが、しばらく忘れていました。 だけど、その過程…

西海岸旅行記2014夏(28):6月13日:ヨセミテ国立公園。岩に登る。困惑のガソリンスタンド

野生動物の体に悪い食べ物でランチを済ませた僕達は、売店でビーフジャーキーなどを買って再び車に乗り込んだ。 カリー・ビレッジを出てすぐの場所に開けた場所があって、路肩に車を止めて川などを見に行く。川は僕の良く知っている日本の川とは全然違う雰囲…

西海岸旅行記2014夏(27):6月13日:ヨセミテ国立公園、自然保護の父ジョン・ミューア

これから訪ねるヨセミテ国立公園は、最初は予定に入っていなかった。今回の旅行は、アメリカに移住したいかどうか肌身で確かめることが第一の目的だったので、人々の暮らす街にしか行かないつもりだった。国立公園の自然なんて見たって、暮らしのことは分か…

西海岸旅行記2014夏(26):6月12日:ジェームズ・タウン、Back to The Jamestown

地平線を遠く見やる微かな建物の影から、上がって来る月がびっくりするくらい大きい。ETの自転車シルエットもあながち大袈裟ではないな、というのは大袈裟だけど、荒野の月はこれまでに見たいつの月よりも大きかった。サンフランシスコを出た僕達は、もう2…

西海岸旅行記2014夏(25):6月12日:サンフランシスコ、アーバン・コンシューマーズよ永遠に

ゴールデン・ゲート・パークを出たあと、パウエル通りのアーバン・アウトフィッターズを目指した。界隈はたくさんお店の並ぶ都市中心部で、入った立体駐車場もほぼ満車。なかなか駐めるところが見つからない。5階か6階にようやく駐車して車を下りると、オ…

西海岸旅行記2014夏(24):6月12日:サンフランシスコ、黄色い蛇と黒い鳥

"Chez Panisse"は、一見普通の家みたいに小さな間口の店だ。グーグルマップの指示に従って車を走らせ、店の前まで来たものの周囲に車を駐められそうなところは見当たらなかった。道路の両サイドは駐車スペースになっているのだが、びっしりと車が駐まってい…

西海岸旅行記2014夏(23):6月11日:サンフランシスコ、やはり望むゴールデン・ゲート・ブリッジ

これもまた時間の掛かる旧式のエレベータに乗って二階へ上がり、薄っぺらい屋外の廊下をカンカンカンと歩く。やはりなんだか安っぽいし怪しげだ。見下ろした駐車場は暗くなってきていて、僕達の赤いフォルクスワーゲンが不安そうに止まっている。 しかし、部…

西海岸旅行記2014夏(22):6月11日:サンフランシスコ、バンピーな車社会のはじまり

これからは車で旅行!カリフォルニア・ロードトリップ!と意気込むものの、左ハンドルの車を運転するのも、右側走行のシステムも、アメリカの交通ルールも、全部はじめてだった。 エンジンを掛ける。 わお、サイドブレーキを右手で下ろすなんて。 バックミラ…

西海岸旅行記2014夏(21):6月11日:シアトルからサンフランシスコ、ブルースの眠る丘

たくさんある中から、ブルース・リーのお墓を見つけ出すのは困難に思えるが、グーグルマップに表示されるのでGPSを頼りに歩けばなんてことはない(それでも少し探したけれど)。ブルースの墓は、息子ブランドン・リーの墓と隣合わせで並んでいる。僅か32歳…

西海岸旅行記2014夏(20):6月10日:シアトル、やっぱりちょっと退屈な野球

スタジアムは美しい。そして時々ゲームも素晴らしい。6月のシアトルの風も、見晴らしの良い座席で飲むビールも素敵だ。しかし、何度も書くようだが、僕達は基本的に野球には興味が無い。僕達はというか、外野席に座っている観客の多くは野球観戦よりも、賑…